病気を引き起こすことがある内蔵脂肪って何?

男性のぽっこりお腹は30代ころから気になり始める方が多いようです。

その原因は内臓脂肪による場合が多く、年齢とともに内臓に余計な脂肪がつきやすくなるために、お腹周りがポッコリしてしまうとか。しかし女性ほど体型の変化を気にしない男性は、放っておくと病気を引き起こす可能性もあるため、早めの対策が必要です。

病気を引き起こすことがある内蔵脂肪って何?

脂肪には“皮下脂肪”“内蔵脂肪”の2種類あり、皮下脂肪は女性のぽっこりお腹に多いのに対し、内臓脂肪は男性のぽっこりお腹に多く見られます。

この内臓脂肪が多い「内臓脂肪型肥満」は、ウエストのほうがヒップよりも大きい「リンゴ型肥満」とも言われ、男性の場合、ウエスト(おへその高さの腹囲)が85cm以上だと近年増えている「メタボリック・シンドローム」などの可能性が高くなると言われています。
メタボと診断される条件は…
1、内臓脂肪型肥満である
2、高血糖・高脂血症・高血圧のうち2つ当てはまる

下腹部を中心に、この内臓脂肪が過剰につくと危険な場合もあり、メタボは内臓脂肪が原因となって、生活習慣病(動脈硬化、糖尿病、心臓疾患、脳卒中など)を引き起こすことがあるとか。女性のぽっこりお腹に多い皮下脂肪は身体のエネルギー源となるため、ある程度は必要な脂肪ですが、内臓脂肪は余分なエネルギーとされ病気のリスクが増えるだけの厄介な脂肪と言われています。

内臓脂肪によるぽっこりお腹になりやすい人は?

・運動習慣がない
・暴飲暴食など食生活が乱れている
・アルコール摂取量が多い
・ストレスが多い
・不規則な生活リズム

このような人は内臓脂肪が多くなりやすい傾向があります。
特に中年以降の男性の場合は内蔵脂肪がつきやすいのに自覚症状のない人が多いため、体重・体脂肪は平均だからと言って安心はできません。

病気の兆候を見落とさないためにも、「急にお腹周りだけお肉が目立つようになった」などの気になる変化があった場合は、内臓脂肪を測定してみることをおすすめします。

最近では市販の体重計でも内臓脂肪まで測定できるタイプもあるので、病院に行くほどではないと思っている方は一度試されてはどうでしょうか。

内蔵脂肪を減らしてぽっこりお腹を解消するには?

このように様々な病気の危険性がある内蔵脂肪ですが、どうすれば減らせるでしょう?
まずは生活習慣の乱れを改善することが大切です。

暴飲暴食やアルコール摂取量の多い人は、少しずつ量を減らして間食・夜食を控えめにするだけでも効果があります。さらに食事内容もバランスの良いものにし、低カロリー・高タンパクのメニューにできると理想的です。

そして食生活の改善とともに実践したいのが、やはり運動習慣をつけることです。
内臓脂肪はお腹の深層部の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることで基礎代謝量もアップし、脂肪が燃焼しやすい身体に。さらにウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると効果もアップ!忙しくてまとまった時間がとれなくても、通勤時間を利用するなど工夫次第で内臓脂肪を撃退できます。

内臓脂肪たっぷりの男の人を魅力に感じる女性は少ないですし、何よりも健康を害する危険があるものを放っておくのはNG!
すっきりした健康的なお腹を目指して、ぽっこりお腹対策を始めてみませんか?

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み