卵巣嚢腫によるぽっこりお腹について

ぽっこりお腹を何とかしたい!というのは、女性にとって永遠のテーマですよね。
お腹がぽっこり出る原因は、筋力の低下・骨盤の歪み・便秘など実にさまざまですが、ぽっこりお腹に悩む女性の多くは「太って脂肪がついた」と思っているようです。

確かに女性のお腹には脂肪がつきやすく、その理由は大切な卵巣や子宮を守るためと言われていますが、中には“卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)”という病気が原因でぽっこりお腹になるケースもあるようです。この卵巣嚢腫とはどういうものなのか調べてみました。

ぽっこりお腹の原因かもしれない“卵巣嚢腫”とは?

卵巣は“沈黙の臓器”と呼ばれるくらい、何かあっても症状が出にくい臓器と言われていますが、女性にとっては生命の元が誕生する大切な場所。ホルモンを分泌して毎月排卵するため盛んに細胞分裂が行われているので、卵巣は体の中でもっとも腫瘍ができやすい臓器の一つとされ、その腫瘍にもさまざまな種類があるようです。

卵巣にできた腫瘍のうち、約9割が良性のことが多い「卵巣嚢腫」で、残りの約1割が悪性のことが多い充実性腫瘍(主に卵巣がん)。ほとんどが良性のようですが、悪性のものと判別しにくいうえ、ぽっこりお腹などの症状が出ても女性の場合は太ったと勘違いしやすいため、検診や妊娠をキッカケに偶然見つかるケースがほとんどのようです。

“卵巣嚢腫”の症状と診断方法は?

卵巣嚢腫は風船に水が溜まったような腫瘍で、症状が現われ始めるのはこぶし位まで大きくなってからといわれています。このとき下腹部がぽっこりしてきますが、多くの場合は「太ったせいかな?」「便秘が続いているせいかな?」と、病気を疑う人は少ないようです。
最初はこぶし位の大きさの腫瘍でも…

・卵巣周囲の膀胱や尿管を圧迫することがあり頻尿を起こす
・腸が圧迫されると便秘になりやすくなる
・生理ではないのに腹痛や腰痛がある
・不正出血、水っぽいオリモノなどが出る

このような自覚症状が現われるころには、卵巣嚢腫はすでに大きくなっていると言います。
さらに腫瘍が大きくなると、お腹に腹水が溜まることで下腹部だけさらにポッコリと大きくふくらむ場合があります。

卵巣嚢腫かを調べるには、一般的に「卵巣腫瘍の大きさや性状を内診、触診、エコーなどで診断」⇒「腫瘍が良性か悪性かを血液検査などで診断」という流れになるようです。

卵巣嚢腫がまだ小さく良性の場合は治療をしないこともあるようですが、その場合は定期検診で経過を観察し、医師に治療が必要と判断された場合は手術療法となります。

“卵巣嚢腫”は珍しい病気ではありません!

卵巣嚢腫は20~30代の女性に多く見られるようですが、歌手の宇多田ヒカルさんは19歳のころに発症して手術をしていますし、10代に発症するケースも少なくないようです。

発症しやすい年代の女性は、ちょうど妊娠・出産が多くなる時期なので、将来赤ちゃんが欲しい人にとっては病気による出産リスクを減らすために、早期発見が大事なポイント!
初期では自覚症状が少ないため検診を定期的に受けると安心ですが、定期健診がむずかしい場合はポッコリお腹などの初期症状を見逃さないことが大切です。

お腹のお肉をしっかりつまめるようであれば、皮下脂肪によるぽっこりお腹の場合が多いですが、お腹を触ってみてしこりのような固さがあったり、急にお腹周りだけがポッコリし始めたという場合は、早めに受診することを考えましょう。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み