猫背など姿勢の悪さがぽっこりお腹の原因かも!

今、あなたの姿勢はどんな状態でしょうか。

□背中が丸く猫背になって、お腹にシワができていませんか?
□足を組んだり、あぐらをかいたりしていませんか?
□片方にだけ重心がかかっていたり、肘をついていませんか?

ひとつでも当てはまる方は、
自らぽっこりお腹の原因を作り出している可能性があります。

「いや、背筋は真っ直ぐ。あごは引いて姿勢もバッチリ!」という方は、きっとお腹もすっきり平らな状態だと思います。
と言うのも、猫背などの姿勢の悪さが、ぽっこりお腹を引き起こすことがあるのです。

猫背とは「座った猫の背中のように、人間の背中が丸く内側へ反るようになる現象」のこと。
このような姿勢は楽なので、知らず知らずに猫背になっていることが多いようです。

猫背など姿勢の悪さで、体にどんな影響がでるかと言うと・・・
1 背中が丸くなると腹筋を使わなくなる。
2 腹筋を使わなくなると、お腹まわりや横隔膜周辺の筋肉が衰えてくる。
3 筋肉が衰えると、肋骨が下がってくる。
4 下がった肋骨が下腹を押し出し、その結果「ぽっこりお腹」となってしまうのです。

日ごろ姿勢の悪い方で、ぽっこりお腹に悩んでいる方は、猫背などの姿勢の悪さを改善するだけで、ぽっこりお腹が解消できる場合があります。その方法をご紹介しましょう。

まずは、日々の姿勢を意識すること。
パソコンなどのデスクワークが多い人は、いつの間にか猫背になっていた、なんてことが多いと思います。そんなとき、お腹はどんな状態でしょう?丸まった背中によってお腹はたるみ、三段腹になっている!なんていう人も少なくないと思います。
そこで、日々の生活で姿勢を意識する回数を増やすことから始めてみませんか?
デスクワークをしているとき、テレビを見ているとき、食事中、歩いているときなど、日々の動きの中で姿勢を意識する回数を増やすだけで、自然と姿勢は改善され、ポッコリお腹にも良い影響が出てきます。

次に、背筋を鍛えること。
背中のお肉は、年齢と共に気になってくるものですよね。見えないだけに普段はなかなか意識はしないと思いますが、友だちや周りの方の後ろ姿にギョッとしたことはありませんか?
背中のお肉に下着で段差ができてしまっていたり…。「自分は大丈夫かな?」と心配になりますが、背筋を鍛えることで背中のお肉がすっきり取れ、姿勢も美しくなります。
背筋を鍛えるには、背筋トレーニング、ヨガ、ストレッチなどが効果的。
自分の体に合った方法を見つけ、継続して背筋を鍛えることで背中は引き締まり、姿勢が良くなると自然と腹筋も使われるようになり、ポッコリお腹も解消できるのです。

猫背の割合は、20代女性のナント6割もいるとか。
こんなに猫背の確率が高いのに、猫背を自覚している人が少ないため「隠れ猫背」の割合が増えているのも事実のようです。
猫背などの姿勢の悪さは、ぽっこりお腹だけではなく、肩コリや腰痛、便秘などの生活習慣病も招きますし、下半身太りやO脚など、女性にとっては大敵になるようなことも起こります。

日々の姿勢に気をつけ、背筋を鍛えることによってポッコリお腹は平らになっていきますが、さらにペタンコお腹を目指す方は、背筋を鍛えるトレーニングに加え、腹筋を鍛えるトレーニングをプラスすると良いでしょう。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み