びっくりするほど簡単にぽっこりお腹を解消!ドローインダイエットってなに?

ぽっこりお腹を解消するには、毎日きつい運動が必要だと思っていませんか?
ダイエットをするときもそうですが、最初に「辛そう」「面倒くさそう」と思ってしまうと、長続きしませんよね。そんなあなたには、びっくりするほど簡単にペタンコお腹を目指せる方法をおすすめします。

それは、背筋を“ピンッ”と伸ばし、
お腹を“ギュッ”とへこませてキープするだけ。

それだけ?と思ったあなたは、自分のぽっこりお腹を横から映すように鏡の前に立ち、この動きをやってみてください。
力を抜いてだら~っとした状態と、背筋を伸ばしてお腹をへこませた状態を比べてみましょう。

どうですか? 体型が一瞬で別人のようになったと思います。
お腹を凹ませる前後で、人によってはお腹周りのサイズが10cmも変わるとか。
この凹ませた状態が通常のサイズになるとしたら!? なんだかワクワクしますね。

このお腹をへこませる動きのことを「ドローイン」と言います。

この動きを日常生活に取り入れるだけでインナーマッスルが鍛えられ、筋肉の持つ“形状記憶効果”が働き、今へこませた状態が通常になっていくのです。
ドローインは、腰痛対策として医療の現場で使われていたり、一流アスリートのトレーニングにも活用されていて、効果は実証済みなんだとか。
ドローインを続けると、骨盤が安定して筋肉量が増えるため、基礎代謝も上がることによって、ぽっこりお腹、冷え性、むくみ、便秘、腰痛や肩こりなどにも嬉しい効果があり、体質改善を実感できるはずです。
誰にでも簡単にできる動作で、普段の生活では使われにくいお腹の中の筋肉(主に腹横筋)に直接働きかけ、代謝も上がる「ドローインダイエット」をさっそく試してみましょう。

正しいドローインダイエットの方法

1、背すじをまっすぐに伸ばして、肩の力を抜く
2、深呼吸をして呼吸を整える
3、ゆっくりと息を吐きながらお腹をへこませる
4、お腹をへこませたままキープし、息を止めずに胸で呼吸する
※最初は30秒から始め、目標は1日5回。慣れてきたら秒数・回数を増やしていきます。

<ポイントと注意点>
◎おへそを背中に近づけるようにしっかりと凹ます
◎サイズの小さいズボンやスカートをはくときのイメージ
◎お尻の穴をキュッと締める(力を入れ過ぎないように)
◎呼吸は止めない

慣れないうちは、すぐにお腹の力が抜けてしまったり、呼吸がスムーズにできないかもしれませんが、ドローインが習慣化してくると、呼吸が自然な状態で凹ませた状態をキープできるようになります。

ドローインダイエット応用編

・ドローインウォーキング(普通のウォーキングに比べて消費カロリー40%アップ!)
・椅子に座っているとき(デスクワーク、テレビ鑑賞、電車やバスなど)
・家事をしているとき(ドローイング状態をキープしやすい“料理中”がおすすめ)
・電車のつり革につかまって立っているとき(スマホいじりからドローインにチェンジ!)
・歯を磨いているとき(私が最も集中してやれるのがこの時間。3分目標にやっています)

ドローインは、誰にも気づかれず、いつでもどこでも実践できるので続けやすいのが人気のヒミツ。1回30秒からで良いのですから、時間も場所も問いません。
日常のちょっとした隙間時間に取り入れて、ポッコリお腹を解消しましょう!

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み