ぽっこりお腹には、デトックス効果の高い【プチ断食】がおすすめ!

美容と健康のために、デトックス効果の高い“プチ断食”が人気ですが、ぽっこりお腹にお悩みの方の間でもその人気が広まっているようです。

“断食”と聞くと、何日も絶食するような厳しいイメージがありますが、プチ断食は3日間だけ食事の量を調整しながら行う断食なので、初心者の方でもトライしやすいのが魅力。

胃や腸を休ませることで、ぽっこりお腹の原因となる便秘を解消したり、痩せやすい身体に体質改善できたり、様々な効果が期待できます。ただし自己流でやるのは絶対NG!正しいプチ断食の方法を知って、ぽっこりお腹を解消してみませんか?

プチ断食が人気の理由

私たちの生活は美味しいものがすぐに手に入る時代なので、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いですよね。プチ断食はそんな食べ過ぎによって働きが弱くなった胃腸を休ませて、本来の機能を取り戻すのが目的です。

胃腸が元気になると、基礎代謝がアップし消費エネルギーも高まるので痩せ体質になりやすいんだとか。また、今まで排出しきれなかった老廃物も排出されやすくなり腸内環境も整うため、便通が良くなることでポッコリお腹の解消にも役立ちます。デトックス効果が高まることで全身のシェイプアップや美肌にもつながるのは嬉しいですよね。

プチ断食の正しい方法

断食は1日ですが、前日は断食準備のために食事量を調整し、断食後は回復食を摂る必要があるため、3日間で行います。ここでは土曜日に断食をする設定で、金曜日から日曜日までのスケジュールを説明します。断食日は休日などゆったり過ごせる日を選んでください。

《用意するもの》
水分補給とともに最低限必要な栄養を摂れる、酵素ドリンク、野菜ジュース、生姜入り紅茶などを用意します。この期間お酒はもちろん厳禁ですよ。

《1日目:金曜日》
・朝食と昼食はいつもより軽めにします。(腹八分目位)
・夕食はいつもの半分の量を、寝る3時間前までに摂りましょう。
・水はいつもより多めに飲みます。ミネラルウォーター(軟水)がおすすめ。

《2日目:土曜日》
・断食当日は1日何も食べません。
・お腹が空いたときや喉が渇いたときに、用意した飲み物だけで過ごしましょう。
・激しい運動や長時間の外出など、体に負担がかかるようなことは避けて、ぬるいお風呂(38度以下)に入ったり、軽いストレッチをしてゆったりと過ごしましょう。

《3日目:日曜日》
・断食の翌朝は、お粥をお茶碗1杯程度食べます。
・昼食と夕食はいつもの半分の量を食べます。
※1日何も食べずに休めた胃腸は、不要なものが排出されたまっさらな状態になるので、いつもの食事にいきなり戻してしまうと胃腸に負担がかかってしまいます。消化の良いお粥や油分が少ないものをバランスよく摂り、その後も徐々に戻していきましょう。

プチ断食は3日という短期間で効果が期待できる魅力的なダイエット法ですが、プチ断食後にいきなり普段の食生活に戻ってしまっては、リバウンドの危険性もあります。せっかくデトックスしてキレイな身体になったのですから、この機会に体が喜ぶものを適度に摂る食生活に改善するのも、成功のポイントですよ。
正しいプチ断食で、ぽっこりお腹とサヨナラしましょう!

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み