ぽっこりお腹解消には、お酒は止めたほうがいいの?

あなたのお腹を見て「お酒の飲み過ぎじゃない?」と言われたことはありませんか?

よく「ビール腹」「酒太り」と言われるように、お酒=太るイメージがありますよね。
その一方で、アルコールはすぐにエネルギーとして使われるから太らないという話しもあります。その理由は、アルコールはエンプティカロリーと呼ばれ、栄養素がなく身体にはほとんど吸収されないと言うのですが…。

私のように “お酒大好き+ぽっこりお腹”の人は、お酒は太らないと信じて好きなだけ飲みたいところですが、「本当のところどうなの?」と思い調べてみました。

なぜ「ビール腹」になってしまうの?

仕事が終わったあとや、お風呂上がりに飲むビールって最高に美味しいですよね。
「ビールを飲み過ぎるとビール腹になるよ」とよく言われますが、ぽっこりお腹の原因は本当にビールだけなのでしょうか?

実際にはビールを他のお酒に変えたところで、ぽっこりお腹は変わらないようです。
一番の問題は、ビールなどと一緒に食べる“おつまみ”が原因。確かにビールに合うおつまみと言えば、唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物、焼き肉など高カロリーで脂肪たっぷりのものが多いですよね。

酔いが回ってくると食欲はどんどん増し、食べ物の塩分でのどが渇きさらにビールが欲しくなるという悪循環…。アルコールを摂取しない食事と比べると、明らかに食事量が増える人が多いのが、ビール腹になってしまう原因のようです。

お酒は本当に太るの?

適量であれば“百薬の長”と言われるお酒ですが、飲み過ぎは肝臓に負担がかかり、やがては代謝が下がる原因となってしまいます。肝臓は体内に入ってきたアルコールを分解しようと必死に働いて疲労します。肝臓の働きが悪くなるとエネルギーの代謝も落ちてしまい、結果太りやすい身体になってしまうのです。

また、肝臓はアルコールの解毒・排出を優先するため、本来は肝臓や筋肉に貯蔵するはずのグリコーゲンの働きが弱まって中性脂肪(やがては体脂肪になる)が溜まる原因に。このため血糖値が上がりにくくなり、飲んだ後にラーメンなどの炭水化物を食べたくなるのは、血糖値を上げようとするからです。これも太りやすくなる要因と言えそうです。

ぽっこりお腹解消には、お酒は止めたほうがいいの?

「ダイエット中だからお酒はダメだよね」「お酒を飲んでいるうちは、ぽっこりお腹解消なんて無理だよね」なんてあきらめる必要はありません。

お酒について自分にちょっとしたルールを決めることで、楽しいお酒の席にも参加できるし、お家でリラックスしながらの晩酌もOK。飲んでも太らない対策をチェックして、自分のルールを決めることから始めてみましょう。

≪ お酒のルール ≫
・焼酎などの蒸留酒がおすすめ(糖質やプリン体がほとんど含まれていないため)
・柑橘系サワー(生搾り)は代謝アップ効果がある
・糖分の多いカクテル、梅酒などは控える
・お酒1杯に対して、水1杯を目安に摂る(脱水症状になると燃焼されにくい)

≪ 食事のルール ≫
・揚げ物など高カロリーで脂肪分の多いメニューは量を少なめに
・枝豆、野菜サラダ、豆腐、お刺身など、低カロリー・高たんぱくのメニューが◎
・よくかんで食べることで満腹感を感じやすくなり食べる量を抑えられる
・アルコール抜きの食事のときより、食べる量が多くならないよう気を付ける

≪ その他ルール ≫
・最初に飲む量を決める(だらだら飲むのを止める)
・毎週休肝日をもうける(肝臓を休ませるためには2日必要)
・飲み過ぎ・食べ過ぎた場合は、翌日控えめにする

この中からできそうなことを一つずつでも良いので実践してみましょう。
また運動不足の人は、消費カロリーが低く太りやすい体質の可能性があるので、隙間時間に腹筋運動をしてみるとか、通勤中にウォーキングをしてみるとか、普段の生活で意識してみることをおすすめします。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み