気になるぽっこりお腹をスッキリ見せるファッションの選び方

「ぽっこりお腹が気になってファッションを楽しめない」「ぽっこりお腹を隠す洋服ばかり着ていたら老けて見られた」など、お悩みではないですか?

お腹周りは身体の中でも一番お肉がつきやすいところなので、いざダイエットをしようと思ってもなかなかむずかしいはず。そこで「このお腹のお肉、なんとかスッキリ見せられないかなあ?」という方に、ぽっこりお腹をスッキリ見せられる着やせ技をご紹介します。
自分の体型にあった着こなしを知ることで、ファッションを楽しめるようになりますよ!

ぽっこりお腹をスッキリ見せるにはトップスの選び方が重要

トップス選びでNGなのは、ウエスト周りでたゆませるデザインの服。ぽっこりお腹を隠そうとして選びがちですが、逆にお腹周りが強調されてしまいます。トップスはボトムスにインして、さらに細めのきゃしゃなベルトでウエストマークするとお腹周りがスッキリ見えますよ。このときニットなど体のラインが出やすい素材よりも、ハリ感のあるブラウスなどを合わせると◎。

ボトムスインに抵抗がある方は、人気の“ゆるトップス”がおすすめ! ヒップが半分ほど隠れる丈がベストです。骨盤よりも上になる丈は、ボトムスのウエスト部分に乗ったポッコリお腹がチラ見えしてしまう危険があるので、試着して自分に合った細見え丈を知る必要があります。

Tシャツの場合は肩や胸周りのサイズはジャストでも、お腹周りのポッコリを強調させるアイテム。だからといってサイズの大きいものは格好悪く見えてしまいます。最近はそんな悩みを解消できるTシャツも多数登場しており、お腹周りを目立たなくするように胸からお腹にかけてAラインになっていたり、サイドにシャーリングが入っていたりと体型をカバーしながらしっかりとおしゃれ心も刺激してくれる工夫が盛りだくさん!

このようにトップス選びを間違えなければ、お腹周りはスッキリ見せられます。

ぽっこりお腹をスッキリ見せるボトムスの選び方

ボトムスは細かい柄物を選ぶのが◎。NGなのは大きめの柄物で、生地にもよりますがお腹周りの伸びでぽっこりお腹をさらに強調させてしまうことも…。この場合、無地でもOKですが細かい柄物のほうが視覚効果でスッキリ見えるため、ぜひトライしてみましょう。

トップスにゆるめスタイルをもってきたときのボトムスは、スキニーやショートパンツなど、スッキリしたラインのものを選ぶのがポイント。ゆるトップスにゆるボトムスを合わせるのは、ぽっこりお腹の方には太って見える原因になるので避けたほうが無難です。

痩せ型さんのぽっこりお腹ファッション

痩せているのにお腹だけポッコリ…とお悩みの方も多いようです。このような体型の方は、デコルテラインよりも上にデザインディティールがある服を選ぶと、上半身に目線がいきやすくなるのでポッコリお腹が目立ちにくくなります。このときウエスト周りは絞らずに、腰周りは広がり過ぎないデザインを選ぶのがポイント!

グラマー型さんのぽっこりお腹ファッション

豊かなバストラインは女性にとってあこがれであり、男性から見ると魅力的なポイントですが、プラスぽっこりお腹だとどうしても太って見えるのが悩みのようです。しかし全体を隠すゆったりシルエットではもったいない! バストラインを強調するハイウエストに、お腹のふくらみの一番高いところから、こぶし2つ分上にリボンやモチーフなどのポイントがあれば、魅力的なバストを生かしつつ、ぽっこりお腹をカバーできますよ。

誰にでも体型の悩みはあるものですが、そこでファッションを楽しめないと悲しんでも何も始まりません。“隠す”のに一生懸命になると、ファッションはマンネリ化して楽しくありませんよね。

隠しながらも、いかに自分の魅力をアピールできるかを考えておしゃれを楽しむと、次第に気持ちも前向きに、ダイエットにも意欲が沸いてくるかもしれません。
ダイエットでお腹をへこませるには時間がかかるけど、これなら今すぐ実践できるはず。とりあえず手持ち服で楽しく研究してみませんか?

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み