なぜ?痩せているのにぽっこりお腹!?痩せ型ぽっこりお腹解消法

ぽっこりお腹に悩む人は、全員がぽっちゃり体型というわけではありません。
痩せ型なのに“お腹だけぽっこり”という人も案外多いのです。

もともと痩せてる人、ダイエットで痩せたけどぽっこりお腹が治らない人、ご飯を食べた後だけお腹が出る人など…。ぽっちゃり体型の人から見ると、痩せ型の人はうらやましい限りですが、痩せ型の人にもそれなりのお悩みがあるようです。

痩せている人のぽっこりお腹の正体はなに?

全体的にぽっちゃりした人は皮下脂肪が多いことが考えられますが、全体的に痩せていて下腹部だけがぽっこり出ているのは、内臓が下がっていることが原因の可能性があります。
この内臓下垂とは、お腹の中のさまざまな臓器が下腹部のほうに下がってしまう状態にあります。

内臓はお腹の筋肉に支えられて本来の位置におさまっていますが、お腹周りの筋力が弱くなると、大事な内臓を支えきれなくなり下に下がってしまうのです。内臓は本来の位置にないと、機能の働きが悪くなったり、他の臓器に影響を与えたりする危険があります。

また、普段は平らなお腹が、ご飯を食べたときだけポッコリ出てしまうのは、内臓下垂の中で一番代表的な「胃下垂」の可能性が高いと言われています。胃下垂もやせ形の女性に多く3人に1人が当てはまるとも言われ、その割に自覚症状がない人も多いとか。

これらの症状が進むと、腸が圧迫されることにより便秘がちになるため、腸内環境が悪くなることで、ますますぽっこりお腹になることもあります。

内臓下垂の改善は、痩せ型ぽっこりお腹解消の第一歩!

痩せている人が「本気でぽっこりお腹を治したい!」と思ったなら、まずは全身が映る鏡の前に立って、横から自分の身体を観察してみてください。
猫背になっていたり、反り腰でお腹を突き出したように立っていませんか?
ぽっこりお腹に悩む痩せ型さんの多くは姿勢が悪いことが多いのです。

内臓下垂を改善するには、お腹周りの筋肉を鍛える必要がありますが、日頃の姿勢を正すだけでも大分改善することができます。

鏡に映る自分の姿勢が悪いことに気づいたら、まず下腹部をキュッと凹ませて、背すじをピンっと伸ばしてみましょう。このとき、肩をぐるっと後ろに回してストンと落とします。(肩甲骨どうしをくっつけるイメージ)

どうですか? 最初に鏡で確認した姿勢と全然違うと思います。
最初はこの姿勢を維持するのがつらいと思いますが、歩いているとき、座っているとき、気がついたときにこの姿勢を習慣化することで、特別な筋トレをしなくてもお腹周りの筋肉は鍛えられるし、何よりも姿勢が良いと見た目にも美しくなります。

もちろん筋トレなどで鍛えてあげるのも◎。早く効果を出したい方は身体の深層部にあるインナーマッスルを意識して、無理のない範囲で行いましょう。

ダイエットしてもなかなか痩せられない人がいる中、せっかく痩せ型なのですからポッコリお腹はバランスが悪いですよね。

美しい姿勢を維持してスッキリしたお腹を手に入れてみませんか?

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み