いつでも手軽にできて効果抜群!ぽっこりお腹を解消するツボについて

いつでも手軽にできて効果抜群!と人気急上昇中の“ツボ押しダイエット”ですが、ぽっこりお腹にも効果的なツボがあるのはご存知ですか?

下腹のぽっこりは体の中でも面積が大きいので、ピンポイントのツボ押しで効果が出るとは思えない!という声が聞こえてきそうですが、身体の表面にあるツボの中には、ぽっこりお腹の原因となる便秘に効くツボや、痩せやすい体質に導いてくれるツボがたくさんあるんですよ。

でも、そもそもツボって何でしょう? そんな疑問をひもといて、ぽっこりお腹に効くツボを中心にご紹介します。

東洋医学でツボとは? 

全身を流れる生命エネルギーを「気」、気の流れる道を「経絡」、経絡の滞りやすいところを「経穴・ツボ」と言います。

ツボ療法は、この気が滞った部分を刺激して気の流れをスムーズにしてあげること。整体院や針灸などではツボ療法を用いて施術しますが、自分でもツボを探すことができます。探し方は、自分で押したり揉んでみて、
・コリや痛みを感じるところ
・心地良く感じるところ
・体が温かくなるところ

このようなところがツボになります。
ツボは全身で670種類もあると言われているので、正確にツボの位置を知るには専門知識が必要になりますが、基本的には押してみて“痛気持ち良い”ところがツボのようです。

自分で押せる、ぽっこりお腹を解消するツボ

下腹がぽっこりしてしまうのは、便秘や溜まったガスなどで腸内環境が悪い人に多く見られます。また、食べ過ぎや運動不足などで脂肪が蓄積してしまい、年齢とともにぽっこりお腹になってしまう人も多いです。
そんなぽっこりお腹に悩む方に、自分で手軽に押せて効果的なツボをまとめてみました。

便秘を解消するツボ1:天枢(てんすう)
《ツボの場所》おへその両側指3本分外側にある部分
《押し方》ゆっくり上下に小さく揺らすようにマッサージ
※便秘に効くツボはたくさんありますが、もっとも即効性があると言われています。便秘や便秘に伴う下腹の張りにも効果的。仰向けに寝た状態で押すとより効きやすいとか。ツボ押しで便秘対策もできるのは嬉しいですよね。

便秘を解消するツボ2:中かん(ちゅうかん)
《ツボの場所》おへその指4本分上、おへそとみぞおちの中間部分
《押し方》ゆっくり体の中心に向かってマッサージ
※消化機能を整えて便通を良くするツボです。基礎代謝がアップし脂肪を燃焼しやすくなる効果も。

痩身のツボ:水分(すいぶん)
《ツボの場所》おへその指1本分上にある部分
《押し方》両手の人差し指を重ねて軽く押す。蒸しタオルをツボに当ててもOK
排泄作用が活発になり水分代謝が高まることで、むくみなどを防止します。

代謝UPのツボ:帯脈(たいみゃく)
《ツボの場所》おへその横ライン上のわき腹にある部分
《押し方》親指でゆっくり押し込むように押す
お腹の皮下脂肪が燃えやすくなり、全身の新陳代謝を活発にします。下半身のむくみや生理痛にも効果的。

食欲を抑えるツボ:地倉(ちそう)
《ツボの場所》唇を閉じて口角を引き上げたとき、口角の少し外側にできるくぼみ部分
《押し方》左右同時に人差し指か中指で口角を持ち上げるようにマッサージ
※お腹が空いたとき、食前に押すと食べ過ぎ防止になります。

ツボを押すときのポイント

◆息を吐くタイミングに押すと身体の余分な力が抜け、筋肉がゆるんでしっかりツボに入りやすくなります。吐きながらツボを押して、吸いながら指を離すように。

◆入浴後や寝る前などリラックスしているときに行うと、副交感神経が優位になってダイエット効果もアップします。さらに好きなアロマオイルなどの匂いをかぎながら行うと◎。

◆ツボ押しはマッサージと同じく、身体を温めてから行うと効果的。温かい状態でツボを刺激すると、経絡にそってお腹や腰も温まり、全身の代謝も高まります。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み