たった2週間!ぽっこりお腹改善プログラム

ぽっこりお腹は気になるけど、「食べるのを我慢するのはイヤ」「ハードな運動は苦手」「あきっぽくて長続きしない」という方におすすめの、たった2週間でぽっこりお腹が見違える方法があります。

2週間という短期間で効果を出すには、「食事」と「運動」の両方からアタックするのが成功の近道! だからと言って、きびしい食事制限や、きつい運動をする必要はありません。この2つに、普段の生活に取り入れたい“ちょっとしたこと”をプラスした「ぽっこりお腹改善プログラム」をご紹介します。

やることは大きく分けて3つ!

≪食事編≫ 腸内環境を整える食材、燃えやすい体を作る食材を取り入れる
≪運動編≫ 有酸素運動と筋トレを同時に行える方法を実践!
≪生活編≫ 普段の生活で気をつけると、更に効果アップすること
この3つを組み合わせて行うことで、ぽっこりお腹はみるみる見違えていきますよ。
まずは2週間行ってみましょう!

たった2週間!ぽっこりお腹改善プログラム

≪食事編≫
食事を抜いたり、極端なカロリー制限をすることは体にも負担がかかり、一時的に体重が減ったとしても、筋肉も一緒に落ちてしまうため、大抵はリバウンドしてしまいます。
無理な食事制限ではなく、適切な食材をかしこく選びましょう。
○最初の1週間
腸内環境を整えるビフィズス菌や乳酸菌を多く含む発酵食品を多めに摂り、排便を促す食事を中心にします。(ヨーグルト、チーズ、漬物、キムチ、みそなど)
○2週間通して
代謝を上げる食材(体を温める食材)と、高たんぱく低カロリー食材を摂りましょう。
代謝アップ食材:赤身のお肉(ラム肉、牛肉)、良質の油(生魚、エゴマ油)、米など
高たんぱく低カロリー食材:大豆食品、牛肉モモ・ヒレ、鶏ささみ、卵など
○気をつけたいこと
・朝食と昼食をしっかり、夜は少なめが鉄則!(朝4:昼4:夜2の割合が理想的)
・寝る前の4時間はできるだけ何も食べない
・おやつを食べたいときは100kcal以下にする

≪ 運動編 ≫
ぽっこりお腹を2週間で凹ませるためには、お腹周りの筋肉量をアップさせる筋トレと、身体全体をシェイプアップさせる有酸素運動を同時に行える「ドローインウォーキング」がおすすめ! ドローインは背筋をまっすぐ伸ばした状態でお腹をへこませることで、お腹周りの筋肉(腹横筋、腹斜筋など)を鍛えてポッコリお腹を解消する方法です。
このドローインウォーキングは、ぽっこりお腹の原因となる筋力不足や脂肪蓄積にダイレクトに働きかけ、お腹周りの筋肉量を増やし脂肪を燃やしてくれる効果があります。
【やり方】
背筋をまっすぐにした状態でお腹をへこませる
このとき注意することは、
・お尻の穴はキュッと締める
・両肩を後ろに引き、軽く胸を張る
・呼吸は止めないようにする
この3点を守って、やや速めにウォーキングしてください。1日30分~1時間を目標とし、通勤中やお散歩や買い物など、数分ずつ小分けに行っても十分効果があります。
ドローインしながら行うことで、普通のウォーキングと比べて40%も消費カロリーがアップするとか!まずは2週間トライしてみましょう。

≪ 生活編 ≫
ぽっこりお腹の原因として、猫背などの姿勢の悪さも関係しています。
【普段の生活で気をつけたいこと】
・頭のてっぺんを糸で引っ張られているイメージで姿勢をまっすぐにする
・姿勢をまっすぐにしたら、意識的にお腹を凹ませる(ドローイン)
・足を組んだり、横座りをしない
・バッグを同じ方の手だけで持たない
楽な姿勢ばかりとっていると、どんどんお腹はポッコリしていきます。
ちょっと気をつけるだけでOKだから、ぜひ普段の生活に取り入れましょう。

いかがでしたか? 2週間真剣に行った人は、ダラダラと行うよりも断然効果があったはず。
結果が出たからといって、きっぱりやめてしまうとリバウンドの恐れがあるので、無理のない範囲で続けていくことがおすすめです。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み