1日数分のエクササイズやダンスでぽっこりお腹を引き締める

ぴったり目ワンピースのお腹ラインがポッコリ…。そんな経験はありませんか?
私だったらあわててお腹をカバーする服に着替えちゃいますが、お気に入りのお洋服がぽっこりお腹のせいで着られないのは悲しいですよね。

お腹周りは日常生活であまり動かさないので、何もしないと余分なお肉がどんどんついてしまいがち。食事制限だけでは痩せたくない胸部分からお肉が落ちてしまい、肝心のポッコリお腹はそのまま健在、なんて悩んでいる人は少なくないと思います。
だからといって、たまにハードな運動をして即効性を求めても、続けることがむずかしくてあきらめてしまったり……

そんなあなたには、1日数分から楽しんで続けられるエクササイズを紹介します。
きびしい食事制限やハードな運動をしなくても、数分だけ毎日続けることで、嬉しい効果を実感できるからきっと続けられますよ!

【1日5分~】ぽっこりお腹に効くベリーダンスエクササイズ

ベリーダンスは、お腹周りの筋肉がナチュラルに鍛えられるので、骨盤のゆがみもとれてポッコリお腹が凹む効果があり、女性らしいしなやかな体つきになれるのが魅力です。
便秘解消にも効果を発揮し、3週間実践してウエストが10センチ以上減った人も!
<やり方>
1、足を腰の幅くらいに開き、背骨と足をまっすぐにして立つ
2、腕を大きく横に広げ、お尻のほっぺを近づけるように力を入れる
3、お腹をへこませながら、腰を“8の字”を描くように横に動かす
(左のお尻で押すように右の腰を動かし、右のお尻で押すように左の腰を動かす)
4、徐々にスピードを早くし、5分以上続ける
(注)上半身は動かさないで、肩のラインが並行になるようにし、腰だけを動かす

【1日10分~】ゆるんだお腹周りが引き締まる、お腹やせエクササイズ

雑誌「クロワッサン」845号“お腹ぽっこりが問題だ!”の中で紹介されたエクササイズ。
1日1回、それぞれ10回程度を目安に行いますが、効果をアップさせるポイントとしては、エクサ中に「お腹を薄くする」「お尻を締める」ことを意識して行いましょう。
<その1>
1、両足の開きをこぶしひとつ分開けて、まっすぐに立つ
2、脇にタオルをはさむイメージで締めて、小さく前へならえの姿勢になる
3、ゆっくり息を吐きながら、肩甲骨を寄せるように脇を90度開いていく
4、息を吸いながら、腕を2の前へならえの姿勢に戻す(10回繰り返す)
<その2>
1、両足の開きをこぶしひとつ分開けてまっすぐに立つ(肩の力を抜きストンと落とす)
2、ゆっくり息を吐きながら、両腕を後ろに反らせていく(前かがみにならないように)
3、辛くないところで動きを止め、手首を外側に返す
4、息を吸いながら、2の位置に戻す(10回繰り返す)

さらに早く効果を出したいときは?

この1日数分のエクササイズに加えて、食生活を改善すると身体全体がすっきりします。
やはり続けることが大事ですから、食事を抜いたりカロリーを減らす食事制限ではなく、代謝を上げる食材を摂るのがおすすめ!
代謝がアップする食材を積極的に摂ると、痩せ体質になれると言われています。
特におすすめは…
・赤身のお肉(ラム、牛肉、豚肉など)
・良質の油(生魚、エゴマ油、シソ油など)
・お米(主食に最適!熱をおこす糖質を含んでいるので代謝が上がりやすい)
また、一日の中で夜の食事を一番軽くし、脂肪や糖質を燃やすために必要なたんぱく質は、ダイエット中でもきちんと摂りましょう。
代謝アップ食材とエクササイズとの相乗効果で、ぽっこりお腹とサヨナラしませんか?

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み