30代のぽっこりお腹の解消法 | だらしない中年体型を卒業する

あなたはいつ頃からぽっこりお腹が気になり始めましたか?
そんな質問で、圧倒的に多いのが「30代から」という回答。食事量や活動量は20代のころとさほど変わらないのに、30代になってからお腹周りに余分なお肉がつきやすくなった、ダイエットしても痩せにくくなったという人が多いのです。

これには何かワケがあるの? 何もしないと太るいっぽうなの?と心配な方に、そのワケと30代のうちにやっておきたいぽっこりお腹対策をご紹介します。

年齢とともにお腹周りが太りやすくなるワケは?

30歳を過ぎたころからお腹がポッコリしてくるのは、加齢によって基礎代謝が低下し、それに拍車をかけるように筋力が低下することが大きな要因とか。

何もしなくても消費されるエネルギーを「基礎代謝」と言いますが、男性は18歳位・女性は15歳位をピークに、年齢とともにどんどん下降します。そのため20代のころから食事量や活動量が変わっていなくとも、20代 ⇒ 30代では男性は平均体重が約5kg増、女性は約3kg増という結果に。(参考:厚生労働省の基準体位表)

このことから、20代のときよりも食事量が減って活動量が増えたという場合を除き、年齢とともに太りやすくなるというのは避けられない事実のようです。

基礎代謝の低下によって増えた脂肪はどこに?

年齢とともに増えた脂肪は、主にお腹周りについてしまうと言います。
お腹の筋肉は、腕や足の筋肉に比べると普段の生活ではほとんど動かさないため、意識して鍛えないと筋肉量は低下し年齢とともに筋力が衰えるのは止められません。

お腹には骨がないため、内臓はお腹の筋肉で支える必要がありますが、筋力が衰えるとその支えがきかなくなり、内臓が下に下がってしまうことでさらにぽっこりお腹を加速させるという悪循環に…。

30代のぽっこりお腹対策

30代の方がぽっこりお腹を治すには、意識してお腹周りの筋肉を鍛えることが必要です。ぽっこりお腹も広がったウエストも内側から引き締めることで、内臓は本来あるべき位置に戻り、年齢とともにダウンする基礎代謝量をアップさせることもできるのです。
基礎代謝が上がると、脂肪も燃えやすくなり全身のシェイプアップにもつながりますよ。

◆何度もダイエットしてきた30代はリバウンドにも注意
ダイエットのために食事を極端に減らしたり、やみくもに流行りの運動を試しては止めて…を繰り返してきた人は、一時的に体重が減ったとしても同時に筋肉も落ちます。筋肉は減った分だけ代謝が落ちてしまうので、食事量を元に戻したり、運動を止めると簡単にリバウンドしてしまうため、30代のダイエットは筋力アップが基本です。

◆筋力を効率よくアップさせるには、体幹の大きな筋肉を鍛えること
身体の中で大きい筋肉の代表選手は、お腹、太もも、お尻など。これらの大きい筋肉はエネルギー消費量が多いため、鍛えた分だけ効率よく代謝を上げることができます。
ぽっこりお腹対策には、効率よくお腹周りの筋肉を鍛えられるドローインダイエット、ロングブレスダイエット、スロトレなどがおすすめ!

◆骨盤のゆがみや便秘もポッコリお腹の原因
女性のぽっこりお腹は「骨盤のゆがみ」も関係することがあります。デスクワークが多い人、姿勢が悪い人、出産後の人は骨盤が開きっぱなしになるため、その影響でぽっこりお腹になる人も。心当たりのある方は骨盤矯正で改善できる場合もあります。
また、長年便秘に悩まされているという場合も、腸内環境の乱れからぽっこりお腹になっている可能性もあります。便秘がちな方は、お通じをよくすることに注力してみましょう。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み