ぽっこりお腹が気になる40代必見!効率よくお腹を引き締める方法

あなたは初対面の人から何歳くらいに見られることが多いですか?
年相応ならまだいいですが、年齢より上に見られてしまうのは悲しいですよね。老けて見えるのは、顔の印象や髪の毛にもよりますが “ぽっこりお腹”も老けポイントの一つ。

ぽっこりお腹は中年太りのシンボルと言えるほど、男女ともに老けて見えるところなので、いくら若づくりしても、ぽっこり出たお腹を隠そうと大きいサイズの服ばかり選んでいたら、お腹周りは緊張感がなくなってどんどん太ってしまいます。

中年太りに見られてしまう40代の“ぽっこりお腹”

年齢とともにポッコリしてくるお腹は30代から気になり始める人が多いようですが、そのころ何も対処せずに40代になった方は「若いころより太りやすく、痩せるのがむずかしくなった」という結果に…。

40代は仕事が忙しくストレスも多い世代。このころから加齢太りが始まり、太りやすく痩せにくい体質に変わっていきます。中には「もう40代だからしょうがない」とあきらめモードの方も多いですが、ぽっこりお腹は不健康そうに見えるだけではなく、メタボや生活習慣病などの病気も引き起こしかねません。

見た目が悪いだけじゃない40代のぽっこりお腹について対処法を考えてみませんか?

40代のお腹痩せには筋力アップが必須!

私たちの筋力は30歳ころから1年に1%ずつ低下すると言われおり、筋力が低下するということは、基礎代謝(何もしなくても消費されるエネルギー)も年齢とともに落ちていきます。そのため若いころと同じ食事量や活動量を保っていても、確実に余分な脂肪がついてしまうとか。

何もしなければ、加齢や運動不足により筋力低下は避けられないため、ぽっこりお腹改善のためには、お腹周りの筋力アップが必須ですが、お腹の筋肉は普段の生活では動かさないことが多く、運動せずにラクな姿勢ばかりとっていると簡単に落ちてしまいます。

筋力が低下すると、本来はお腹の筋肉で支えられるべき内臓が下がってしまい、下腹がますますポッコリしてしまうので、早めに対処しましょう。

効率よく筋力アップする方法

忙しい40代の方が、いざお腹の筋力アップのために運動をしようとしても、なかなか時間がとれませんよね?「面倒くさそう」と思った時点で長続きはしませんから、簡単に効率よくお腹の筋肉を鍛えられる“ドローインダイエット”がおすすめです。
やり方はとっても簡単!

“ピンと背筋を伸ばし、ギュッとお腹をへこませてキープ”するだけです。
頭のてっぺんを糸で吊られているようなイメージで姿勢を正し、下腹をへこませる動作を普段の生活で意識するだけで、ぽっこりお腹に効果があると言われる“腹横筋”を効率よく鍛えられます。

通勤中の電車でも、デスクワークで座っているときも、テレビを観ながら、家事をしながら、歯を磨きながら…。どんな場面でも誰にも気づかれずに実践できるのがドローインの魅力。ドローインしながらのウォーキングは通常のウォーキングに比べて40%も消費カロリーがアップするので、歩く場面では迷わず実践してみましょう。

姿勢が美しくなるだけでポッコリお腹が目立たなくなる効果もあり、継続することで筋力アップ ⇒ 基礎代謝アップ ⇒ 体脂肪燃焼 ⇒ ぽっこりお腹解消につながります。

ぽっこりお腹に効果大!代謝をアップさせる食材

お腹痩せしたいからといって、カロリーを極端に落としたり食事を抜いて体重が減ったとしても、同時に筋肉も落ちているので結果的には食事を戻したときにリバウンドしかねません。

40代のぽっこりお腹には、筋力アップに加えて食事面も重要になってきます。ぽっこりお腹に効くと言われる、代謝アップ=体を温める食材を賢く選んでみましょう。代謝をアップさせる食材として、生姜・唐辛子・ネギ類・魚介類・赤味のお肉などがおすすめ!

また三大栄養素と言われる、糖質、脂質、たんぱく質のうち、もっともエネルギー消費量が多いのは“たんぱく質”です。高たんぱく低カロリーの食事を心がけるだけで、ダイエットが成功しやすくなるので積極的に摂りましょう。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み