産後のぽっこりお腹を解消する方法

出産は女性にとって幸せなイベントですが、「出産後のぽっこりお腹が治らない」「出産してから太った」という話しを、産後のママさんからよく聞きます。

特にお腹周りは、赤ちゃんのために大きくふくらんだ状態で数カ月過ごすわけですから、出産したからといってすぐに元通りになるわけではなく、お腹の皮がたるんだり、骨盤の変化によりお腹がぽっこりしてしまうのは避けられません。とはいえ、妊娠前のスタイルとはかなり違うわけですから、何とかしたいと思うのが本音ではないでしょうか。

産後の身体で気になるところの代表“ぽっこりお腹”

赤ちゃんが産まれて喜びいっぱいな反面、お腹をつまんでため息…。出産してもお腹がへこまないワケは、出産により骨盤が開いて歪んだ状態になることが原因の一つです。

女性の骨盤は、赤ちゃんが大きくなるのに合わせて開いたり歪んだりしますが、この骨盤の開きや歪みが一番大きくなるのは出産が近づいてくるころで、ホルモンの影響によりさらに骨盤の歪みがおきやすくなってしまいます。

このときの骨盤は内臓が下垂しやすい状態になるため出産後でもぽっこりお腹になりやすく、骨盤を矯正して内臓を本来の位置に戻さないと、ぽっこりお腹の解消はむずかしいとか。そのままにしておくとさらに太りやすい体質になるため、健康のためにも産後ダイエットは必須と言えそうです。

産後の“ぽっこりお腹”を解消するには?

妊娠前の体型に早く戻したいと思っても、産後の身体はとってもデリケート…。

妊娠中はどうしても運動不足になりがちですから、いきなりハードなダイエットをしては身体に負担がかかってしまうので、出産後1カ月ほど経って体が安定してきてから、軽いストレッチなどから始めるのがベストです。

ぽっこりお腹の原因となる骨盤の開きや歪みを治すには、骨盤ベルトや整体などで骨盤矯正することをおすすめしますが、簡単にできる運動でセルフケアすることもできます。

骨盤を正しい位置に保つためには、背骨と両足をつなぐ「大腰筋」という筋肉が重要で、この大腰筋を鍛えることで骨盤が安定し、下垂した内蔵も本来の位置に戻り、ぽっこりお腹もスッキリする効果が!この大腰筋を鍛えるエクササイズをご紹介します。

≪ お腹引き締めエクササイズ ≫
1.仰向けに寝て、両ひざを少し曲げて立てる(両手はラクな位置に)
2.息を吸いながら、ひざを胸のほうに引き寄せる
3.息を吐きながら、元の位置に戻す
※10回を目安に行う

≪ お尻歩きエクササイズ ≫
1.両足を伸ばして床に座る
2.片方の足とお尻を持ち上げて、お尻を交互に動かしながら前進する(10歩)
3.同じように、お尻を交互に動かしながら後退する(10歩)
※3往復を目安に行う


他にも、階段の上り降りで大腰筋が鍛えられますので、積極的に階段を使うようにするなど普段の生活で意識するだけでも効果を発揮します。
軽いエクササイズに慣れてきたら、より負荷をかけられるスクワットなどを実践すると、効率的に大腰筋を鍛えられますので、身体の調子をみながら行いましょう。

帝王切開後の産後ダイエット

帝王切開で出産した方は、普通分娩の方よりも身体への負担が大きいため、産後ダイエットしたい場合は通常よりもソフトな方法を選択する必要があります。

帝王切開後は痛みもあるためダイエットなんて考えられないと思いますが、産褥期も過ぎて身体も安定してくると、ぽっこりお腹など体型の変化が気になってくるはず。
通常だと産後1カ月後ほどでダイエットを始められますが、帝王切開での出産の場合は傷口がきちんと治らないと行えないので、2カ月ほど経ってからのほうが安心です。

産後ダイエットは上記のような軽いエクササイズとともに、骨盤ベルトやウエストニッパーなどの補正下着で骨盤矯正するのが効果的。普通分娩の場合はジャストサイズでOKですが、帝王切開をした方はサイズ調整ができるものを選び、1つ大きめの位置にサイズ調整して身体に負担がかからないようにしましょう。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み