生理前や生理中のぽっこりお腹の原因について

生理前から生理中に「お腹がぽっこりする」という人がいます。
中にはお腹がぽっこりし過ぎて普段はいているスカートが入らなくなるという人も…。
なぜ女性は生理周期によってこのようなことが起こるのでしょう?

生理前は「いらいらして甘いものが欲しくなる」「食欲が増して食べ過ぎてしまう」「便秘になりがち」とお悩みの女性が多く、私もこれらの症状があり、生理前にぽっこりお腹になることが多かったので “生理前は太る”というイメージがありました。
そこで調べてみたところ、それにはちゃんとした理由があったのです。

生理前や生理中のぽっこりお腹について

女性の心とカラダは生理周期によってリズムが変わるという神秘的な仕組みになっていますが、生理前には精神面、身体面でさまざまな不調が起こるため、ブルーデー時期は悩みのタネという女性も多いのではないでしょうか。

生理前にはさまざまな症状が表れますが、ぽっこりお腹もその一つ。その原因は「月経前症候群(PMS)」によるものと言われており、症状がひどい場合は婦人科に通う方も多いとか。また、生理前から生理中にぽっこりお腹になってしまうタイプの方は、血液の流れに滞りがあることが原因となる「お血(おけつ)タイプ」の可能性があります。

今回は生理とぽっこりお腹の関係について、この2つを調べてみました。

月経前症候群(PMS)によるもの

生理前は、卵巣から多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンによってPMSが起こります。このプロゲステロンの分泌が盛んになると、身体は出血などによる栄養不足を補うために栄養を蓄え、細胞は水分や塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせて蓄えようと働くために、生理前は太りやすくなるとか。

このとき子宮や腸が弛緩した状態になるため、お通じが悪くなったり腸内にガスが溜まりやすくなり、下腹部がふくらみやすくなると言います。また、生理周期に合わせて骨盤が開閉するため、生理前などに一時的に下腹部がぽっこりしてしまう人もいるようです。

その他にも生理前はムクミ、肌荒れの症状が出る人も多く、体重が1~3キロ増えてしまうことも。これはホルモンの影響により水分量が一時的に増えるためで、体脂肪が増えたわけではないそう。生理が始まるとプロゲステロンの分泌がなくなるので、体重は徐々に元に戻り下腹部の張りやふくらみは落ち着いていきます。

ダイエットをしている人は生理前から生理中の太りやすい時期は一旦休み、生理後の痩せやすいタイミングを狙ったほうが成功しやすいと言われています。

血液の流れに滞りがある“お血タイプ”によるもの

“お血(おけつ)”とは、必要な栄養分を身体の隅々まで送り届ける「血」の流れがスムーズにいかず停滞していること。生理前や生理中にポッコリお腹になりやすい人は “お血タイプ”の可能性があると言われています。
自分にあてはまる項目をチェックしてみましょう!

□生理前から生理時にお腹がぽっこりしやすい
□お腹、腰周りを中心に肉付きが良い
□細身の体型でも内臓脂肪が多い
□生理前に便秘になりやすい
□生理不順である
□生理痛が重い
□経血量が多くレバー状のかたまりがある
□目の下にくまが出来やすい
□しみ、そばかすが多い
□普段から肩こりや腰痛がある
□下半身やお腹を中心に冷えやすい

※あてはまる項目が多いと“お血タイプ”

お血タイプは身体が冷えやすく、ホルモンバランスが乱れやすい性質があります。女性ホルモンの分泌が悪くなると脂肪代謝に影響して太りやすくなるだけではなく、万病の元となる場合があるので注意が必要です。

対策としては、お血タイプの原因となる、暴飲暴食、冷え、運動不足、ストレスに気を付けて、脂肪分の多い食事や、お菓子、アルコールなどの糖分の摂り過ぎを控えましょう。血流を良くする食品(青魚、ネギ類、納豆、お酢など)、温かいものを意識して摂ることをおすすめします。

お血タイプは子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮の病気になりやすいと言われているので、生活習慣に気を付けて体質を改善していきましょう。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み