椅子に座ったままできるぽっこりお腹解消法

運動をしたいけど忙しいから無理、時間がないからできないと、色んな理由で自分を甘やかしていませんか? 運動不足の人や座りっぱなしの時間が長い人は、ぽっこりお腹や下半身が太りやすくなる傾向があります。

チェックしてみましょう。
□毎日忙しくて運動する時間がない
□仕事では体を動かさないデスクワークが多い
□ぽっこりお腹が気になる
□いつもダイエットしたいと感じている
□できれば休みの日はゆっくりしたい

3つ以上当てはまった方は要チェック!
このまま何もしなければ、年齢と共にどんどん体型は崩れていってしまいます。
例えば、デスクワークの休憩時間や、家事の合間、電車やバスでの移動中…。
こんなちょっとした隙間時間に、ほんの少し工夫するだけで、気になるぽっこりお腹を解消できるとしたら!?
まとまった時間がとれなくても効果抜群の、ぽっこりお腹解消法をご紹介します。

椅子に座ってできる!シンプル腹筋エクササイズ

・椅子に浅く腰かけたら両手はお尻の横に置き、椅子の両サイドを持つ
・両ひざを付けたまま、両足を胸の高さまで持ち上げる
・腹部に力を入れて5秒間キープする
・10秒以上かけてゆっくりと両足を下ろす
やってみると意外にハードですが、短時間で効率よく腹筋を鍛えられます。
デスクワークの休憩中や、家事の合間に取り入れてポッコリお腹解消!

電車やバスで座ったら迷わず!お腹やせエクササイズ

・背もたれを使わずに、座席に軽く座る
・両足・両ひざはぴったり付け、ひざの角度は90度位にする
・背すじを真っすぐに伸ばし、へそ下をギュッとへこませる
・この状態で、自然な呼吸を続けながら10~30秒間キープする
慣れてきたら、キープする時間を増やしていきましょう。
デスクワーク中やテレビを見ているときなど、いつでもどこでも行えます。

オフィスで仕事の合間に!座ったままポッコリ撃退エクササイズ

【基本姿勢】イスに浅く腰かけて背すじを伸ばし、下腹を凹ませる
○ゆっくり足踏み ⇒ 10回×3セット
片足ずつ胸の高さまで上げ、左右交互に足踏みをする(腰が反らないように)
○ウエストひねり ⇒ 20回×3セット
おへそから上だけを左右交互にひねる(反動はつけずゆっくりと)
○足の曲げ伸ばし ⇒ 10回×3セット
足を垂直に伸ばし上体を丸めるように、左右交互に膝をお腹につける

もうひとつ大事なのは、普段の椅子の座り方。

今、あなたはパソコンやケータイを見ながら、どんな姿勢でしょうか?
背中が丸まってお腹がゆるんでいたら、さっそく背すじを伸ばして、下っ腹をへこましてみましょう。「誰も見ていないから」なんて言っていると、お腹はそのゆるんだ状態を覚えてしまいます。せっかくなら、キレイな姿勢を身体に覚えてもらいたいですよね。普段の姿勢、椅子の座り方ひとつで、見た目の印象アップも叶いますよ。
忙しい人も、ズボラさんも、隙間時間を上手く利用して、ぽっこりお腹を解消しましょう!

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み