ぽっこりお腹に効く!腹筋ダイエットピラティスってなに?

ボディラインの好みは人それぞれ違いますが、自分のスタイルに満足している人はあまりいないのではないでしょうか?

特にウエストラインは、その人のスタイルの良さを決める重要なポイントなので、ぽっこりお腹+くびれがない状態だと、それだけで太って見えてしまうことに!逆にウエストラインやお腹がキュッと引き締まると、スタイルがグッと良くなるんですよ。

女性は腹筋が弱い人が多いので、ぽっこりお腹をへこますには適度な筋肉をつける、腹筋ダイエット“ピラティス”がおすすめです。運動オンチでも鍛えられるピラティスを実践して、ポッコリお腹を撃退しましょう!

ピラティスとは?

ピラティスはヨガと混同してとらえられがちですが、ヨガは精神面のリラックスに重点を置いているのに対して、ピラティスはしなやかな身体づくりを重視しているところが大きな違い。インナーマッスル(身体の深層部にある筋肉)を鍛えて、骨格の歪みもとってくれるエクササイズで、多くのハリウッド女優が美しい身体づくりのために実践し、アスリートのトレーニングやリハビリなどにも取り入れられています。

ピラティスの呼吸法

ヨガでは深いリラックス効果が得られる「腹式呼吸」なのに対し、ピラティスでは頭をすっきり目覚めさせてエネルギーの消費(ダイエット)効果のある「胸式呼吸」で行います。

≪胸式呼吸法≫
・背すじを伸ばし、胸を膨らませるように鼻から息を吸う(お腹はへこませる)
・口から自然に息を吐きながら胸をしぼませる(この時もお腹はへこませたまま)
※30回ほど繰り返す。胸式呼吸に慣れたら、次に紹介する動きを入れていきましょう。

ピラティスでぽっこりお腹を引き締める!

ぽっこりお腹に効果バツグン!腹筋を適度に鍛えて、下腹部を引き締めるピラティスをご紹介します。頭と体を目覚めさせる「胸式呼吸」で行うため、夜寝る前は避けて“朝起きてすぐ”か“午前中”に行うのがおすすめです。

【 腹筋ダイエットピラティス1 】
1、 床に両足を90度ほど開いて座る(背すじを伸ばす)
2、 両手を胸の前で組む(ひじの高さは横一直線になるように)
<ここで息を吸って準備する>
3、ゆっくり息を吐きながらウエストを右にひねっていき、息を吸う
4、ゆっくり息を吐きながら元の姿勢に戻し、息を吸う
5、左側も同様に行う
※左右を1セットとして3セット繰り返す。

【 腹筋ダイエットピラティス2 】
1、あおむけに寝て両ひざを抱え、ひざにおでこを近づけるように上半身を持ち上げる
<ここで息を吸って準備する>
2、息を吐きながら両手で左ひざを抱え、右足を真っすぐ伸ばす
3、息を吸ったら、手足を反対に素早くチェンジ
4、息を吐きながら両手で右ひざを抱え、左足を真っすぐ伸ばす
※この動きを、1分間を目安にリズミカルに行う。続けるのがきつく感じる場合は休みながら行い、慣れてきたらさらに素早く交互に繰り返すとポッコリお腹に効果テキメン!

眠っていた筋肉を鍛えると、ウエストラインが見違えるように変わってきます。
呼吸を意識しながら行うことでボディバランスが整い、無駄なぜい肉はどんどんシェイプアップされますよ。あなたもピラティスで、平らなお腹を目指しませんか?

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み