スクワットでぽっこりお腹が解消できる?

スクワットは誰でも一度はやったことがあると思いますが、多くの人は下半身だけを鍛える筋トレだと思っているかもしれません。もちろん下半身の引き締め効果は抜群ですが、同時にウエストが引き締まり、ぽっこりお腹にも効果があるとか!
もはや定番とも言えるスクワットですが、本当にお腹やせまで叶うのか!?探ってみたいと思います。

スクワットでぽっこりお腹が解消できる?

ぽっこりお腹を解消するために腹筋を毎日がんばっても効果が出にくいのは、お腹周りの筋肉は小さいため、お腹だけを鍛えても筋肉量はあまり増えないからだとか。そのため、太ももやお尻などの太くて大きな筋肉を効率よく鍛えられるスクワットは、腹筋などの運動よりも筋肉が増える効果があり、筋肉量が増えると脂肪が燃焼しやすくなって、ぽっこりお腹の解消やカラダ全体のダイエット効果につながるのです。

なんと、スクワット15回は腹筋500回と同じ筋肉量を使っていると言われています。この数字を見ても、スクワットは筋肉が効率的に鍛えられるのが分かりますね。
そんなポッコリお腹に悩む方必見の、お腹やせスクワットを2種類ご紹介します。

その1:ボディメイク・スクワット

【効果】
一般的な筋トレのスクワットは、元々筋肉がある人が回数や重量を増やして負荷をかけますが、「ボディメイク・スクワット」では筋肉の少ない人が筋肉量を増やすために、ゆっくりと腰を落とすことに重点を置き、日常では鍛えにくい筋肉にアタックしていきます。
全身の筋肉量が増えると、自然にお腹周りの脂肪も落ちるため、ぽっこりお腹解消を目指す人にもピッタリのスクワットです。

【やり方】
1.両足を肩幅に開いて立つ
2.背すじをピンと伸ばし、顔・おへそ・ひざ・つま先は前を向いた状態にする
3.両腕は自分が動きやすい姿勢(頭の後ろで組む、胸の前でクロスするなど)をとる
4.鼻から息を吸いながら、1~8までカウントしながらゆっくり腰を落とす(8カウント目で太ももと床が平行になるようにする)

(注)このとき注意すること:ひざがつま先より前に出ないように注意し、ひざが内側を向かないようにする。横から見たときにお尻が後ろに突き出たような姿勢になればOK。
5.息を吐きながら元の姿勢に戻る(戻るときは1拍くらいの速さでスッと腰を伸ばす)
※1日に行う回数の目安は、10回を目標にした場合、6回目位で限界を感じたら後もう1回がんばって合計7回やります。

自分の限界を少しだけ超えることで筋肉が反応してくれるようになるとか。慣れてきたら500mlのペットボトルやダンベルを持って重量をかけて行うとより効果的に筋肉が変化するそう!無理のない範囲でやってみましょう。

その2:骨盤スクワット

【効果】
ぽっこりお腹の原因のひとつとしてあげられる“骨盤のゆがみ”を整えることで、ぽっこりお腹の解消、ウエストの引き締め、ヒップアップ、便秘解消などに効果抜群!
この「骨盤スクワット」は、骨盤を開いてから締め直すことで、開きっぱなしになっていた骨盤が引き締まり、下がっていた内臓が正常な位置に戻ることでポッコリお腹などが改善していきます。

【やり方】
1.両足を肩幅に開き、つま先はできるだけ外側に向ける
2.両手は力を抜いて、体の横にぶらんと下げておく
3.45秒かけてゆっくり腰を落とせるところまで落とし、15秒かけて元に戻す
4.次は両足を肩幅より広めにし、つま先をできるだけ内側に向ける
5.また45秒かけてゆっくり腰を落とせるところまで落とし、15秒かけて元に戻す
6.つま先は内側に向けたまま肩幅に戻し、できるだけ上体を前に倒し約15秒キープする
7.ゆっくり戻して終了

※1日1回行い、1週間続けたら3日休む(毎日骨盤に同じ刺激を与えると、その刺激に慣れてしまい効果が落ちてしまうため)

スクワッで注意する共通ポイント

・ひざを曲げるときに、つま先よりひざが前に出ないようにする
・ひざを曲げるときに、腰が反らないように腹筋と背筋を使って腰周りを安定させる
・スクワットは、ひざや腰に負担がかかりやすいので、正しいフォームで行いましょう

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み