ヨガのポーズでぽっこりお腹を解消

いつもキレイでいたい、年齢を重ねても女性らしくありたいと思いませんか?
そんな気持ちとは裏腹に、仕事や家事で忙しい毎日を送っているとついつい自分のことは後回し…。ストレスで食べすぎたり、運動をする時間がないと言い訳している間に、気が付いたらお腹がぽっこり…、なんて人も多いと思います。

そんな人におすすめしたいのが、心と体を美しくするヨガのポーズ。
「体が硬いからむずかしそう」「教室に行く時間がない」という人でも大丈夫!お家で簡単にできて、場所も1人寝られるスペースがあればOKだから気軽に始められますよ。

心と体を美しくするヨガの魅力

ヨガで一番大切なのは「呼吸」。深い呼吸を繰り返しながらポーズをとることで、酸素が全身に行き渡り、細胞が活性化して新陳代謝が活発に!そして全身の血流やリンパの流れがよくなることで冷えやむくみが改善したり、しなやかなメリハリのある女性らしい体を作ることができます。

精神面でもリラックスできるので、心と体のバランスがとれた健康的な美しさを求める人にはぴったり!体が硬くても続けることで柔軟性が高まり、様々なポーズで気になるパーツごとに引き締められるのも魅力のひとつです。

ヨガのポーズでぽっこりお腹を解消!

ヨガのポーズは数えきれないほどの種類がありますが、その中から女性が特に気になるポッコリお腹や、ウエストラインを引き締める2種類のポーズをご紹介します。
骨盤周りを柔軟に動かすことで、アンチエイジング効果も期待できますよ。
始める前に首・肩・足首を回して、軽く体を温める準備運動をしてから行いましょう。

【Lesson1 橋のポーズ】

効果:ぽっこりお腹の解消、背中・お尻の引き締め、便秘解消、背骨の歪み改善など。
息を吸うときにお腹をふくらませ、息を吐くときにお腹をへこませる腹式呼吸で行います。

1、仰向けに寝て、ひざを立てる(腰幅に開く)
2、指先でさわれる距離にかかとを置く(手のひらは下に向ける)
3、息を吸いながら、両手・両肩で床を押すように胸を開く
4、さらに吸いながら、お腹・お尻を持ち上げる
5、軽くあごをひいてゆっくり息を吐き、このまま呼吸を続ける(5呼吸)

余裕があれば…
下に向けていた両手をお尻の下で組んで、肩甲骨を寄せながらひじを伸ばし、胸をさらに引き上げてキープしてみましょう。

【Lesson2 船のポーズ】

効果:ぽっこりお腹の解消、お尻・太もも・二の腕の引き締め、腰痛の改善など。
息を吸うときにお腹をふくらませ、息を吐くときにお腹をへこませる腹式呼吸で行います。

1、背すじを伸ばして、床に体育座りをする(両手は床に置いておく)
2、息を吐きながら、右足を床と水平になるように上げる(ひざは曲げた状態でOK)
3、息を吸ったら左足も上げ、息を吐きながら右足とそろえて水平にする
4、息を吸いながら、両手を床と水平になるように持ち上げて “前へならえ”の形にし、両足も上げたまま静止する(3呼吸)

※バランスがとりづらい場合は、両手で太ももの裏を支えると安定します。

このポーズに慣れてきたら…
完成ポーズでキープするときに、下腹を意識しながら両足をそろえて、ひざから下を真っ直ぐに伸ばします(横から見た状態がV字になるように)。ポーズが安定したら3呼吸。このときお腹周りは緊張していますが、呼吸が止まらないように肩の力は抜いて、リラックスしながら行いましょう。

やってみると、お腹周りや全身がじんわりと温かくなると思います。
ヨガは、行ったあとの体の変化を観察することも大切。動かしたあとの体に意識を向けて、気持ちいいな、少し痛いかな、もっとやりたいな…。そんな体の声を聞いてあげることで、体にはうれしい変化が訪れてきます。心と体をひとつにして、健康的な美しさを手に入れてみませんか。

スポンサードリンク



ぽっこりお腹の原因
呼吸法でぽっこりお腹を解消する
短期間でできる解消法
色々なぽっこりお腹解消法
食事で解消する
テレビで紹介された解消法
その他のぽっこりお腹解消法
性別・年代別ぽっこりお腹の特徴
ぽっこりお腹は病気が原因!?
ぽっこりお腹の悩み